お店からのご提案

接触涼感生地をプラスして、襟元を涼しくするお話。


年々暑くなる日本の夏。

クールビズも浸透してきましたが、ノーネクタイでもやっぱりワイシャツは暑い!と思いませんか?
ワイシャツは、ボタンを外していても襟が首の周りにまとわりつきがち。
これ、湿度の高い日本の夏には少々つらいですよね…。

そこで、こんなアイデアのご提案です。

■ 触れるとひんやり、接触涼感生地をプラスする

一見、普通のシャツとどこが違うの?という見た目ですが、襟の内側に一工夫!

「接触涼感生地」という、触れた時に涼しさを感じる生地があります。これを、襟の内側の首に当たる箇所へ縫い付けます。
触れるとひんやりする生地だから、襟が首に当たった時にも暑苦しさを感じにくくなります。

こうして首周りを少し涼しくすることで、不快感が和らぎますね!
生地の色も白なので、見た目にも涼し気。

このリメイクは、ワイシャツやカッターシャツのような「台襟」のあるデザインに向いています。
台襟って、こういうのです。


長袖を半袖にしたり、ノーネクタイでもサマになるボタンダウンシャツにしたり等、夏を涼しく過ごすアイデアは他にもたくさんあります。
ぜひ、お気に入りのシャツをご持参のうえ、ショップスタッフにご相談ください。
お待ちしています!