リメイクアイデア

ブルゾンのリブ部分は傷みやすい。

■ブルゾンのリブ部分は、交換可能という話。

“ブルゾンリブ部分のお直し-Before“/

時々、目の前にいる人の袖口が気になることありませんか?

ブルゾンのリブ部分、傷んでいたり破けていたり、伸びてしまっていたり…。着ている本人は意外と気にしていなかったり…。さぁ、このリブ部分、そこを別なリブに交換してお直しすることが出来るって知っていましたか?

これから2つのお直し事例をご紹介します。

“Atype”/


“Atype

写真のパーカーは、両袖と裾のリブ部分の交換をするお直しをしました。
直したい部分は、下の写真を見てください。

“Atype

気に入って着ていたパーカーですが、日焼けして色落ちしてしまったり。リブ部分が伸びてきたり。シミがついてしまったり。袖だけ替えると、裾のリブと色が風合いが変わってしまうので、同時にこの部分も交換となりました。

リブ部分の交換は、ミシンで縫い付けられるものであれば、お直し可能。ニットなどの編み物のリブは、基本的にはお直しできません。

出来上がりは、下の写真。

“Atype

“Atype

このパーカーは、裏にモコモコのボアが施されていて、かなりあったかい代物。袖部分用にリブの生地を持ち込んで、付け替えてもらいました。少し張りがあって、ボリュームのあるリブに変更。結構違和感なくお直しできました~~~♪

“Btype”/

さて、こちらのリブ交換は、フライトジャケットのリブ。

“Btype

気に入って着続けたため、袖の縁が破れてきてしまいました。このリブも交換してしまいましょう。
交換用のリブの生地を用意。両袖だけ交換しました。

“Btype

ほぼ、違和感なくお直しできました。

ジャケットやブルゾンなどのリブ部分って、意外と傷みやすく破れやすいですね。これがお直しできるってうれしい。ミシンで取り付けられるタイプなら、お直しできます。
ニットなどの編み込まれているリブは、基本的にお直しできません。

リブのお直しをお考えの方、お直しできるかどうか迷ったら、一度店舗スタッフにご相談してみてください。
お直しできるものがあるかもしれません。

リブ部分のお直しをお考えの方、まずはご相談ください。
トップに戻る