リメイクアイデア

学生服のお直し>新学期を迎えるために

■学生服は「夏休みのうちにお直し」が良いです、という話。

“学生服のお直し"

毎日着る学生服。大きくなるから、大きめを買って長く着ようという方、多いですね。

確かに、身長が伸びたり、体重が増えて上にも横にも大きくなる人もいます。
大きめの学生服なら、多少サイズ調整して、着丈や袖丈などを伸ばすお直しができます。

学生服のサイズ調整のお直しをされる場合、裾の部分を確認してください。
裏の縫い代部分(ヘムといいます)がたっぷりある事が大切です。
この縫い代部分を使って、サイズ出しするからです。

“股下のやぶれお直し”

よくあるお直しとして。

たとえば…

スラックスの股下部分が擦れて生地が薄くなり、破けてしまった!
これ、よくあるお直しです。
男性社会人に比べて、特に男子学生は、運動量が多いですし、体格も変化しやすい。
股下の破れのお直しは、本当によくあります。

細かくミシンを入れる事で、補修する事ができますので、どうぞ店舗スタッフまでご相談ください。

“ポケット口のやぶれお直し”

スラックスのポケットの擦り切れ。

これもよくあります。
定期を入れたり、財布を入れたり。鞄と擦れたり。原因は様々でしょうが、傷みやすい部分には違いありません。
せっかく長く着るために、大きめの学生服を用意しても、生地が傷んでしまったら…。
これ、お直しできますからね。

どうぞ、お店までお持ちください。

“サイズ出しのお直し”

また、お尻部分が裂けてくることもあります。

成長とともに、腰回りのサイズが大きくなるのは、当然です。
大きめのサイズで用意していても、間に合わなくなる事も。

そんな時は、ウエスト・腰回りのサイズ出しのお直しも出来ます。
裾部分の丈だしでご案内した「ヘム(縫い代部分)」の部分が十分にあれば、サイズ出しも出来ますが、
ギリギリ出せるかどうかという場合もあります。
そんな時は、ぜひ「補強テープ」を使ってください。
「ヘム」部分に補強テープを使う事で、縫い代部分を補強する事ができます。
こちらも、ご相談ください。

学生スカートの丈だし・丈つめ・ウエスト直しもできます。

さて、学生服のお直しについて、ご案内してきました。

女子学生用のスカートのサイズ調整、ウエスト出しなども承っております。
こちらも、お気軽にご相談ください。

夏休みの間に、ぜひ、学生服のメンテナンスもしてみませんか?
学校始まる直前が、一番混んでいます。
登校日までにお直しが間に合うように、少し早めにお直しをお願いいたします。

お近くにお住まいの方、ぜひ、お気軽にご相談ください。
トップに戻る