スタッフブログ

スタッフからのコメント

[オカダヤ新宿店]
使いこんでボロボロになったポーチをお持ちになり、同じ形のものを作ってほしいというお客様がいらっしゃいました。複雑な形だったため、バラして型を取っても良いという事でお受けしましたが、思い入れがありそうだったので何とかバラさずに制作した所、お渡しの際、小学生の頃お母様が手作りしてプレゼントして下さった思い出の品で、どうしてもまだ使いたくて制作を依頼して下さったとのお話をうかがい、ハサミを入れずにお返し出来て良かったなあと思いました。こういった心温まるお話を聞けるのはとてもうれしい事です。小さなことでも日々の業務のはげみになります。


とっても、優しい気持ちになれるお話ですね。
お客様の大切にしている思いを、ほんの少しだけ分けてもらえた様な、素敵なお話です。


[めいてつエムザ]
息子さんのパーカーのファスナー交換の依頼。
ファスナー部分が切りっぱなしのフチどり、ダメージ有でかなり古いものでしたので”お直しが難しいな”と思いながらよく見てみると、スライダーのつまみがなくなっているだけでした。その時コンシェルジュの練習問題を思い出し、必ずしも全交換の必要はないことに気付き、市販のスライダーのつまみを探すことをご提案。幸い、ちょうど良いデザインのものが見つかり、お客様に大変喜ばれました。ダメージ+クラッシュ+スカルのデザインでしたので、クロスを選んだ所、”もともとついていたのもクロスでした。どうしてわかったのですか!?”と大変な驚き様で、こちらも大変嬉しく思いました。


コンシェルジュの問題が役にたったのですね。
状況に応じて、すばやく、最善を判断する力、そして洞察力は大切ですね。
お客様が喜ばれたのも当然だと思います。


[ヨ)直江津]
フォーマルのスカートのウエストと脇詰めの依頼。
脇巾を詰めるという事で、ラインがどうなるのか心配されていた様ですが、お直しが出来上り売り場に持って行くと、店員さんがお直しの出来上りに喜んで下さりました。後日、お客様が見えられ試着されると、お客様の体にピッタリですごく喜んで帰られたと言う事で、わざわざお直し室まで来て伝えて下さりました。私もすごくうれしかったです。


お直し室では、直接お客様と接する事がありませんから、店員の方を通して、お客様が喜ばれたかどうかがわかります。
お直し室まで来て下さる程、良い仕上がりだったのでしょうね。
ありがたい事です。


[仙台一番町おおまち店]
最近お直しで来て頂くお客様から、名前を呼んで頂くことが多いです。覚えて頂けたのかなと嬉しく思っているとある常連の女性のお客様から「いつも笑顔で一生懸命考えてくれてそれがとっても嬉しい」と言って頂きました。中々はっきりとこういう事を伝えて頂くことがないのでこの言葉をこれからも大事にしていこうと思いました。


「笑顔」の威力はスゴイですね。
そして、一生懸命、お客様の為に考えている姿勢は、おのずと伝わるものです。
面倒くさいなと思った瞬間に、それも伝わるものです。
きっと、良い接客が出来ているのでしょうね。


[ゆめ久留米店]
80代くらいのご夫婦が来店されて、旦那さまが奥さまのパンツを持って来られました。裾を見るとカットして少し手まつりしてあり、お聞きすると、旦那さまが手掛けられたという事でした。病気で、右手足が不自由になられた奥さまのために丈詰めを手掛けたものの難しかったそうです。少しお話すると、今日は奥さまの誕生日でプレゼントを買いにいらっしゃったと聞き、やさしい旦那さまの温かい気持ちが伝わりとてもほっこりした気分になりました。パンツの仕上がりもとても喜んでらっしゃいました。


私たちサービス業は、たくさんの様々なお客様と接します。
全てのお客様が、それぞれの事情や思いを持って生活されています。
その生活の一部をお手伝いさせていただける事、お客様の思いをほんの少し共有して、同じ思いを分つ瞬間があります。
この仕事をして、お客様のお役に立てたと実感できるエピソードですね。


[ヨ)綱島店]
良く来て頂くお客様より、綱島店の近くに他のお直し屋さんがあるのですが、そこは男の人がされていて、ママのリフォームは女性のスタッフがフィッティングしてくれるから安心と言って頂けました。女性ならではのこまやかな心づかいをこれからも忘れずに接客していきます。


女性だから出来る事、きっとたくさんありますね。
お客様に「安心」を提供出来ている証拠です。
これからもお願いします。

今週の良い話

作成日時:2013/06/18 10:50
トップに戻る