スタッフブログ

スタッフからのコメント 2012/12/28

[ゆめタウン八代店]
30代の男性のお客様が、Gジャンを2着を持ってご来店されました。
袖丈が短いとの事で、トレーナーの袖のリブ部分を利用して、丈出しを承りました。
お客様のイメージ通りに仕上げてさしあげる為、
電話では分かりずらいので、思い切って、今一度ご来店くださるようにお願いをしました所、
わざわざ忙しい時間を割いて来てくださいました。
途中まで仕上げたものを見られて「楽しみにしています」と言ってくださり、
お客様のご期待に添える様、心を込めて仕上げました。
お受取の日、その仕上がったGジャンを着て、喜んで帰られました。やり甲斐のあるリメイクでした。
お客様にご来店いただけて、良かったですね。
ご足労願う事になりましたが、お客様のご意向を確認でき、お客様の思いとズレの無いリメイクが出来たのだと思います。


[リバーウォーク北九州店]
長年大切に着ていたスカート。
脇とポケット口がすり切れてしまい「まだ着たいのですが、どうにかならないでしょうか」と
不安な表情でご来店いただいたお客様。すごい縫い込むことで解決!!
・・・一週間後・・・
お客様がいらっしゃって、スカートを見るなり「すごい!きれになっている!!」と喜びのお言葉。
たまたま、お預かりからお直しまでの全てを対応した私は、
嬉しくて涙が出そうになり、この仕事をしていて本当に良かったなあと思いました。。
お客様の喜んでくださる姿が、私たちの仕事の糧になりますよね。
このお仕事は、「お客様を笑顔にする」仕事ですね。


[ゆめタウン蔵王店]
「一年間、父の形見の着物を部屋にかけて眺めていたのですが、バッグにしたいと思いここへ来ました。」
とご来店されたお客様。
いろんな思いがこもったお品物だから、失敗してはいけないと緊張して、
裏地、持ち手など、手芸店を回って布地に合うものを選んで仕上げました。
リメイクしたお品物は、お客様に気に入って頂けて、私たちもお客様と共に喜び合いました。
そして、少し経ってから、今度はブラウスでまたバッグに。
お母さんの形見のお着物でスカートやパンツに。
そして「いつが暇ですか?」とお客様に聞かれ、「8月~9月」とお答えすると、
その時期にベストを作って欲しいと、またご来店くださいました。
そのベストを仕上げてお渡ししたところ「母がよく参観日に着て来た着物なのよ」と言われ
「10月に姉と旅行に行く時、このベストとパンツで行くわ。姉も懐かしく思うわ」・・・と喜んで帰られました。
喜んでもらえる仕事が出来た事、これからの仕事の励みになります。
お客様の思い出や懐かしい記憶をよみがえらせるお手伝いが出来ましたね。
お直しやリフォーム・リメイクは、お客様の暮らしの中でお役に立てる良いお仕事です。


[モレラ岐阜店]
移店する前にきて下さっていたお客様が、以前お店があった場所までいらして、
移店したことを知り、近隣の回りの店に移転先の場所等を聞きながら、ご来店くださいました。
「遠かった~」とお客様。「なくなっていたらどーしよう」と思って来ましたとの嬉しい言葉。
「またご来店ください。お待ちしています」と申し上げたら、「また来ます」と笑顔で帰っていかれました。
移転先まで、お店を探して来てくださったのですね。
とてもありがたい事ですね。お客様に足を運ばせる事が出来るというのは、良い仕事している証拠ですね。

作成日時:2012/12/28 14:07
トップに戻る