あなたは大丈夫?股下のやぶれはある日突然やってきます。

気付いたらスラックスの股下がやぶれていた・・・
そんな経験ありませんか?

意外と多い、股下のやぶれ。
もう履けないとあきらめる前に、お持ちください。
お直しの方法があります。

やぶれをしっかり直して、気持ちよく履きましょう!

  • 股下のお尻側がやぶれた例。
    細かくミシンを入れる「ミシン刺し」で
    やぶれを補修。
    「補強テープ」というものを使うと、
    弱くなった生地の補強になります。

  • 上のやぶれよりも大きな裂け目に
    なっているもの。一度直した跡がみられます。
    そのお直ししたすぐ下に、新しく裂け目が
    できてしまった例。
    お直しをした部分は、ミシンが入ることで
    強度が増しますが、お直しをした回りの生地には、
    負担や力がかかる部分なので、
    また破れてくる事もあります。

  • 股下だけでなく、スラックスやパンツの
    裾の内側。足や靴が擦れやすい部分のため、
    生地が傷んだり破れたりした例。
    これも「ミシン刺し」を使って補修します。
    内側の裾は、あまり目立つ場所ではないので、
    さほど気になりません。

傷みややぶれを予防するために

スラックスやパンツの裾上げをする時に、股下部分に「シック」という布を当てるお直しをすると、股下の傷みややぶれを軽減する効果があります。「汗取り」にもなりますので、一度「シック」を付けた事のあるお客様は、次回からも「シック」を付ける方が多いです。

スラックスやパンツを長く履くために、
「シック」を付けてはいかがでしょうか?

「シック」には、ハート型、リーフ型、ひし形等色々な形があります。こちらは丸いタイプになります。

その他のスラックスのお直しについて

スラックスやパンツの部分に取り付ける「シャツストッパー」。シャツがずり上がりにくくなります。運動量の多い方にはおススメです。
ウエストの前部分に取り付ける「フィットカン」。中にバネが仕込まれているので、大体1.5cm程伸び縮みします。ウエスト部分が少しきつめな方におススメです。
スラックスやパンツの股下のやぶれ。
もう履けないとあきらめる前に、お持ちください。
お直しの方法があります。
トップに戻る