リメイクアイデア

婦人服の調整 >> 10年前のスーツを直す

■10年前によく着たジャケット。今年よく着るジャケットに変身。

婦人服を整える タイトル

なんとなくあか抜けないのはカラダにフィットしていないから。

素材が気に入って買った10年前のスーツ。その当時は、よく着ていました。

でも、今着るとなると、なんだかあか抜けない。実は、カラダにあっていないのかもしれません。
この10年で体型も変わったし、好みも年令とともに変化したり、今の流行との兼ね合いもあるのだと思います。

素材が良かったり、お気に入りのお品だったら、今着られるものに整えてみてはいかがでしょうか?
プロにピン打ちをお願いしてみました。さぁ、どんな風に変わっていくのでしょうか?

■フィッティングをして、調整していきます。

婦人服 ピン打前とピン打後

背中のしわが気になります。
袖丈や袖幅も若干大きめ。ジャケットのウエストも絞りながら、少しずつピン打ちをして丁寧に調整していきます。
ピンでとめただけでも、だいぶ印象が変わりましたね。

ほんの少し「整える」と、印象がかわります。

白のスカートスーツ お直し前しろのスカートスーツ お直し後

白スカートスーツ>> かなり印象がすっきりしました。背中のしわ、胸元の開き方、スカートのダブつき等、少しずつ調整する事で、スーツの形もほとんど変わらずに整える事が出来ました。
お直しした箇所
■ジャケット ◎脇幅詰め 袖つけ根〜袖口 ◎袖幅詰め 袖つけ根〜袖口 スリット・カンヌキ ◎袖丈詰め ◎背幅詰め
■スカート ◎ウエスト詰め ◎脇幅詰め ヒップ〜裾

紺白ノーカラースーツ お直し前紺白ノーカラースーツ お直し後

紺白ノーカラースカートスーツ>> こちらは、スカートの形を少し変えました。
フレアスカートからタイトスカートへ。それだけでも、かなり印象が変わりましたね。
ジャケットも細かくチェック。すこし子供っぽい印象だったスーツも、大人のスーツに変身です。
お直しした箇所
■ジャケット ◎脇幅詰め ◎袖幅詰め スリット・カンヌキ ◎袖丈詰め ◎ホック付け
■スカート ◎ウエスト詰め ◎脇幅詰め ヒップ〜裾 ◎裾丈詰め

紺パンツスーツ お直し前紺パンツスーツ お直し後

紺パンツスーツ>> 昔流行ったワイドパンツ。今見ると、ちょっともたついて見えますね。
これを膝下からすっきりと裾に向かって細めに調整。丈も踵が少し隠れるぐらいまでカットして、軽快な印象に。テキパキと仕事の出来る女風になりました。
ジャケットも細かく調整。これなら、普段の仕事着にぴったりです。
お直しした箇所
■ジャケット ◎脇幅詰め 袖つけ根〜袖口 ◎袖幅詰め 袖つけ根〜袖口
■パンツ ◎ウエスト詰め ◎わたり(パンツ幅)〜膝幅詰め ◎膝幅・裾幅調整

ダイエットに成功した!でも、嬉しくない!?

例えば、ダイエットに成功すると嬉しくなるのは、女性なら当たり前。
でも、今まで着ていた服が、着れなくなってしまうのは、うれしい反面、嬉しくないですね。

お金に余裕があれば、全ての服を新しく買い替える事も出来ます。
でも、そんな事は、なかなか難しいのが現実です。
全ての服を買い替えるのは、やっぱり大変ですね。

そんな時、リフォームでサイズダウンをしてはいかがですか?
ウエスト調整、ヒップや脚周り等、お直しすると格段に見え方が変わってきます。
直し方によっては、さらに脚長効果が期待出来たり、すっきり見せる事が出来るかもしれません。
詳しくは、店舗スタッフにご相談下さい。
ダイエットイメージ

ワードローブの中に眠っている
捨てられないジャケットやスーツがあったら、是非お持ち下さい。
トップに戻る