リメイクアイデア

革のかばんを直す。 >> リカラーとテープ巻き篇

思い出のかばんを、手を加えて「使える」かばんにするという話

かばんのリメイク リメイク前後の写真

ある日、見つけた「革のかばん」。
クローゼットの奥で、じっと、僕が見つけてくれるのを待っていた。

取っての部分は使い込んで黒く光り、
雨の日もカンカン照りの日も一緒に歩いてきた日焼けした革、
たくさんの時間と書類を詰め込んで、
膨らんでカタチが歪んでしまったかばん。
ちょっとくたびれてしまったその姿は、いとおしくもあり。

ああ、そうだった。
随分と長い時間を一緒にすごしたヤツだった。
大切な人から贈られた大切なかばん。
ここには、色々な想いが詰まっていたんだった。
このかばん、また使えるようにならないものだろうか?
このほころびが直せれば、また一緒に歩いて行ける。

お店に修理を依頼した。
正直、期待もしていなかった。そうカンタンに直せるものか。

2ヶ月後。

ピカピカになって戻って来た。
驚いた。初めましてと頭を下げたくなるくらい。
また一緒に、同じ時間を歩いて行こう。
今までありがとう。これからもよろしく。

■お直しした部分をご紹介します。

革のかばんのお直しの画像です。傷 汚れをきれいにするリカラーの写真。底のほつれを修復した写真。

革のかばんのお直しの画像です。革を巻き直して色を塗りなおした写真。角の破れを補修し、破れがわからなくなった写真。

<お客様からのコメント>
この度は、カバンを修理頂き、誠にありがとうございました。期待をはるかに超える新品同様の出来上がりに、大変に感激しております。
このカバンは、20年程前に妻からプレゼントされたものであり、いつも書類をいっぱいにして駆け回り、苦楽をともにしてきた思い出のつまったものです。いつしかボロボロになり使えなくなってしまい、大変残念に思っておりました。修理のおかげで、大切な思い出とともに、大事な親友と再会出来た気持ちです。早速使っております。大切にいたします。
修理にあたっては、大変ご苦労をおかけしたのではと思っておりますが、本当に感謝しております。
これからも素晴らしい技術で是非とも多くの方々に、感激をお届け頂ければと存じます。更なるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

トップに戻る